スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

w・・・・・・なぜ><!

今日は、とても怒っています。 スペーストミーです。

実は、新潟でこんなこんな事件が起こりました。

35歳の男が、住宅ローンを苦に長女7歳と長男3歳を首を絞めて殺したという事件です・・・・・・w

な、何で・・・・・?
どうして・・・・・?
こうなっちゃうのかな?

子供の人生を何だと思っているのか?
何で、道ずれなのか?
それは、苦しいのは、理解できるけど・・・
子供まで道ずれは・・・やはり、ひどい・・・・

周囲に相談する人がいなかったのでしょうか?
詳しい内容が解からないので、トミーもこれ以上は、いえませんが・・
でも、小さなこれからの命を勝手に閉ざす権利は、たとえ親でも・・
トミーは、やはり許すことは出来ません・・・断じて・・

命は、本当に大切・・・と思っている方・・
ぽちっと応援願います。


こんなことの無い・・・世の中に・・・何が悪いのでしょうか?
誰か教えてほしい・・・。では、また・・・
スポンサーサイト
14
2007

Comment

お久しぶりです

痛ましいですよね、生活苦による自殺とかって
私のところも過去に何度か心中死のお葬式した経験があります

「痴呆症の妻を残して死んだら誰も世話してくれないのでかわいそうだ」
という遺書から判明したんですが・・・

これから先、生活苦による自殺とかはどんどん増えますよ。きっと

それだけ豊かに見えてもこの国は他の途上国とたいして変わらないということですね
2007⁄08⁄14(火) 13:08 |

Johnny さんへ

コメントありがとうです^^

生活苦・・・・・なるほど、そう、いえますよね!
でも、トミーとしては、理由にならないと思います。
大切なのは、子供の命・・・・・
これからの未来のある小さなともし火が消えてしまうのですから・・・・・
未来を消すことは、誰にも許されることの出来ない事だといいたいのです。

未来は、これからの子供たちのためにあるのです。
トミーたちは、きちんと守ってあげなければいけませんよね!v-392

また、遊びに来てね!
2007⁄08⁄14(火) 16:14 |

ほんとに・・・

新潟県の事件だったのでまた驚きました(地元ですので)。
お盆過ぎに新築のおうちに引っ越す予定だったとか・・・よくわかりません。
不安なのはわかるけど・・・父親の心が正常とは思えません。
親だからと、子供を所有している感覚があったならば・・・これは間違いだし、命までも奪うとは・・・切ないですね。
2007⁄08⁄14(火) 20:42 | | [edit]

ルレクチェ さんへ

コメントありがとうです^^
あ、地元なんですか!v-388
なんか・・・いやな事件ですよね!

考え方の違いとか習慣の違いとかで、片付けられる問題では、無いとトミーも思います。
世界中、万国共通ですよね!命の大切さって・・・・
何を経験してきたのでしょうか?この殺人者は・・・・
心の問題ならば・・・病気としか思われませんが・・・
そうなると・・・やはり、社会的な問題が上昇してくるわけですかね?

まあ、いずれにせよ・・・普通では、無いですよね!
やはり・・・・絶対、許すべき行為では、ありません!v-359

また、遊びに来て下さいね!v-421

2007⁄08⁄15(水) 00:28 |

トミーさん こんばんは。

実は僕も幼い頃母親と共に川に身投げ寸前の所を助けられているのですよ。離婚したばかりで幼い僕と兄。母も弱っていたのでしょうね。
でも、今考えると僕はあの時死んでた方が良かったと思ってしまう人間なんです(涙
その後、色々とありまして・・・。
心が壊れてしまいました。
でも、これは僕の場合ですからね(汗

僕は子供は子供の人生があると思ってる人間なので
こーゆう事件は許せないです。
僕のように、不幸になるかもしれないけど
幸せになれるかもしれない。
そのチャンスを勝手に壊すのは許せないですね。
なんでしょうね?
最近、こーゆう事件や虐待が多いけど、親は子供の事を
所有物だと勘違いしてるのでしょうかね。
子供には子供の人生があるのに・・・。
悲しいですね(涙
2007⁄08⁄15(水) 00:54 |

お久しぶりです。
素敵な嬉しいコメントをありがとうございました!

色んな事件が起きるたびに
お互いが支え合える
そんな世の中であって欲しいと
切に思います。
そのために、自分ができることは何だろう・・

未来へ向って
少しずつでも些細なことでも
人それぞれの役割を果たしていけたらいいですね。

ポチッ!



2007⁄08⁄15(水) 07:53 | | [edit]

コメントありがとうです。

るなさんへ
驚きました!
トミーもるなさんと同じ経験を小さい時に持っています。
でも、今は幸せだと自分では、信じていますが・・・。

人って、自分が辛い経験すると人にものすごく寛容(かんよう)になれるようです。
だから、余計にこの事件が気になって仕方なかった(腹立たしかった)トミーでした。
コメントでは、簡単に受け流せば、いいなんて・・・・
無責任な事書いてしまって、少し反省しています。
受け流せないことも・・・・やはり、ある。
見過ごしては、いけない事もあるのは・・・
これは、本当の事だと改めて、感じさせられた事件でした。v-390

るなさん・・・・・・
あきらめずに人に頼りましょうよ!
頼って、頼って・・・・頼られる!
これが人の生き方だとトミーは、思うんです。
一人じゃないんです・・・みんながいるんです・・・。
このブログでもそうじゃないんでしょうか?
辛いのは、皆です。全て同じです。生きているのです。
命は、大切です・・・・・。これだけが真実です。

あ、また少しへヴィーでしたか?でも・・・・。
また、遊びに行きますね!v-392

myuさんへ
いつも素敵なブログで心が安らぎます。
どうもトミーのブログは、重たくなりがちなので、
myuさんのブログが、時々恋しくなるのです。

無限さんへの紹介・・・・・
とっても、うれしかったです。
また、共鳴してくれた・・・無限さんにも感謝、感謝です!
ぜひ、遊びに来てほしいです。
また、出来たら、URLも知りたいですが・・・・・。

楽しいですよね!
皆の命の輪の広がりが・・・・・
宇宙の無限の広がりの妙(myu)を感じます。
また、すばらしい感動をよろしくです!v-410
2007⁄08⁄15(水) 12:47 |

哀しい事件ですよね…
子どもには子どもの人生があるのに…。
でも、親が「この子たちは私がいないと生活できない…。路頭に迷って辛い思いをするくらいなら、ここで一緒に死んだほうが…」
という決断をしたのなら…あんまり責める事もできない気がします。
私は、どうも人を責めたりできない性格なので…どんな残虐な事件でも、「悪い」と言えないんですよね…。

でも、Johnnyさんのおっしゃる通り、生活苦での自殺は増えるような気がします。
どうにかして、贅沢はできなくても、普通の生活ができるような制度をちゃんと作ってほしいですね。
2007⁄08⁄15(水) 15:06 |

生まれてからたった3年・7年で命を奪われてしまったのでは、何の為に生まれてきたのかわかりませんね。
これから何十年も生きていれば、楽しい事・嬉しい事は必ず起きたはずです。どんなささやかな事でも。

どんなに苦しい生活だって、子供たちはきっと死にたかったわけではないですよね・・・。そうではなかったとしても、
安楽死の問題等でよく論じられる事ですが、私個人も、“「死」の選択”を幼い子供の判断能力に委ねられるとは思っていません。
(つまり、判断能力の低い、幼い子供による「死にたい」という意見があったとしても出来るだけ受け入れられないべきだと思うのです)

その、まだ選択能力のない(はずの)子供達が、今回大人の一存によって「死」を選択させられた事に対して、私もひどく憤りを感じます。
2007⁄08⁄15(水) 16:29 | | [edit]

初めまして

亜咲希のとこから来ました凪叉です



この事件について
確かに人の生きる権利はたとえ親であっても勝手に奪ってはならないものだと思います
でも苦しいながらも一緒に生きるならまだしも親だけ死んで残された子供はどうなるでしょう
施設で育つにしろ里親に引き取られるにしろすでに5歳と7歳…悲しい記憶は残るのではないでしょうか
だからといって殺していいわけではないですがこの選択を私たちは一概に否定することも出来ないと思います
難しいところですね

事件についてはこの辺にして
ぅちにも是非見に来て下さい

では
2007⁄08⁄15(水) 20:09 | | [edit]

命を奪うのは例え誰であっても相手が何歳であっても許される事ではありません。
誰にでも生きる権利はありますからね。
ここで少し話がそれるんですけど、
「赤ちゃんポスト」というものがありますよねぇ?
子供を育てられないから赤ちゃんをそこに入れる、もとい捨てるというものです。
親は子供にとって絶対的な存在であるのにその親が子供を見捨てるのです。
それは子供にとってどんなに悲しいことでしょうか?
それならばいっそう生まれる前に・・・・・・。
と思ってしまうんです。
親権を放棄して子供を見放すより、親としてその子を死なせてあげる方がその子にとってむしろ幸せなんじゃないか、
って思うんです。
だから、この事件も確かに酷い事ではありますが
これが最後の親の愛情だったんじゃないでしょうか?
そう考えてしまうと何が正しいか分からなくなってしまいます。
ほんと、どっちが子供にとって幸せだったんでしょうね?
 
長々とすみません。
それでは・・・。
2007⁄08⁄15(水) 22:37 |

ホントですよね!!!
私もヒドイと思います。
人間として最低ですよね!
しかも自分生きてるし・・・
死ぬんなら自分ダケ死ねばイイのに・・・
イヤな世の中になりましたね・・・
2007⁄08⁄16(木) 10:23 |

コメントありがとう^^です。

水樹ちゃんへ
確かに・・・・・
水樹ちゃんらしいコメントですよね・・・・・v-392
ですから・・・トミーも心境的には、かわいそうな親だとは、思っています。
でも、やったことが正しいとは、微塵にも思っていません。
正しいとか正しくないとかは、別にしても、やはり命を左右する権利は、明らかに無いといえるんじゃないでしょうか?

刑事罰で言う・・・・・
最高の刑が、「死刑」であるということは、周知されてます。
死とは、それぐらいその本人に与える屈辱は、これ以上の罰は、無いと・・・
そう、思いませんか?
この子たちに何の罪があるというのでしょうか?
しかも・・・生きる意味さえもまだ判断できないであろう小さい命・・・・・。
そう考えると・・・この親が果たして子供にした事が、正当化されることは、考えられないとトミーは、思います。

いかなる場合も、命の大切さに変わりはない。
戦時下においても、貧しい生活苦の中でも・・・・
病気で苦しんでいても・・・・・・。

水樹ちゃん・・・・
そうは、いっても、「罪を憎んで、人を憎まず」って
ことわざもあります。
水樹ちゃんのそのやさしさは、一番大切であることもトミーは、十分理解してますよ。
でも、人間、戦わなければならない時ってありますよ!
強い水樹ちゃんもブログで見た時あるし・・・・
人生って複雑だけど・・・負けないでね!

では、また・・・・v-218

よっこさんへ
そのとおりだとトミーも思います。

命の大切さを本来なら教えなければならないのが
親の役目
では、ないでしょうか?

それをどうして、殺してしまったのでしょうか?
生活苦・・・・ローン地獄。
これって・・・子供に何の罪があるのか?
子供が、ローンを作るはずも無く・・・・。

自分の子供だから・・・・・何をしても許される。
まさか、こんなでたらめな考えを持っている親がいるとは、
トミーは、信じたくありませんが・・・・v-393
そう、考えていたとしか思えません・・・・v-40

やはり、トミーは、社会に問題点を見出します。
学校教育の見直し等・・・・・
いろいろなことを見直す時期に来ているのでしょうね。
政治の派閥争いなど・・・・やっている暇じゃないんじゃないでしょうか?

また、コメント待ってますね!v-218



凪叉さんへ
ようこそ!トミーの世界へお越しいただきまして!
凪叉さん、これからもよろしくです。^^
ちょっと気分重めのブログですが、皆さんと幸せ追求しますのでこれからもよろしければ、遊びに来てくださいねv-392

子供の行く末を考慮しての犯行ですか・・・・
確かにそういえば、そうですが・・・・。
でも、トミーは、だとすれば、それは一方通行の考えだと思います。
つまり、勘違い的なもの・・・・
子供は、いい迷惑といえそうです。
子供には、子供の未来があります。
それを消してしまってどこが考慮なのでしょうか?
しかも、自分は、生きているし・・・・。
むしろ、命の大切さを教える・・・・・これが必要でしょう。
あ、少し反論めいてしましましたが・・・・・。
これからも、よろしくです。

凪叉さん、ぜひ、遊びにいかせていただきますね!v-410


夕霧亜咲希さんへ
赤ちゃんポストについては、トミーも聞いたことがあります。
そもそも、自分の子供を捨てる・・・・・。
このことから、間違ってますよね!
でも、そうは、言っても弱いのが人間・・・・・
その救済で、ポストを設置ということです。
殺されてしまう赤ちゃんのことを考えれば、当然といえば当然です。
ここでも、命の大切さが語られます。
子育てを放棄する人を助長するだけだとの意見もありますが・・・・・・・。
子育てを放棄する・・・・社会的問題点や生活苦を脱するための知恵とか・・・・そういったことを教える機関の設置とか!
色々と問題点というか・・・
なすべきことは、たくさんあるようですね!v-391
夕霧亜咲希さんいつもコメントありがとうです^^

やまさんへ 
相変わらず、ストレートなご意見・・・w、
ありがとうです^^!

確かに死ぬのなら、自分の責任なんですから・・・
自分が死ねというのは、当然でしょう!
でも、その前にトミーが悲しかったのは、
殺すまたは、死以外の方法が見つからなかったことです。
今は、弁護士事務所に相談すれば、結構道が開ける事だってあると思いますし・・・・
子供たちだって、大きくなれば、きっと親を助けてくれるはずです。
生きていれば、・・・・
生きてさえいれば、何がしかの答えが出てくると思いませんか?
それなのに・・・・簡単に答えを「死」に求めてしまう・・・・v-37
答えの無い問題は、ありません・・・・・
「死」は、答えでなく・・・ただの「放棄」または、「逃げ」です。
「答え」を探す・・・勇気と粘りを身に付けて欲しいと願うばかりです。

やまさん、毎日暑いですよね。
お盆休みもトミーは、今日で終わりです。
やまさんは、どうだったのかな~~~なんて思ってます。
また、遊びに来てね!v-422


皆さん・・・・・多くのコメントありがとうございました。
これからもトミーのブログよろしくですv-421





2007⁄08⁄16(木) 13:45 |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007⁄08⁄17(金) 07:54 |

Trackback

http://ymmdst.blog94.fc2.com/tb.php/60-d4cf924d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。