スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

DVD DEATH NOTE 見ました。^^

こんにちは^^スペーストミーです。
デスノート・・・映画館で見なかったので、DVDで見ました。

ノートに名前を書くとその書かれた人が・・・死ぬ。
とても、シンプルな殺人・・・それが、デスノート・・・

主人公「月」(ライト)とL(エル)との間の行き詰まる頭脳戦が
そのハイライトとなっていますが・・・・・

内容よりもトミーが気になったのは・・・
人の罪悪感と正義と悪の判断の仕方・・・・

主人公のライトも始めは、正義感で、犯罪者のみをターゲットにしていたが・・・
いつの間にか・・恋人や・・最後は、肉親までに・・・・

自分では、目標を決めてそれに向かって、
順調に進んでいるつもりでも・・・
それを達成するがために人を利用したり、犠牲にしてしまう。

戦争が、そうであるように・・・
戦争では、多く人間を殺したほうがヒーローとなる。
でも、殺人は、悪いことですよね・・・

何が正しくて、何が悪いのか・・・善悪の判断とは・・・
それを裁くのは誰なのか・・・
デスノートは、多くの問題やなぞを提供したまま終わりました。

さあ、あなたは、どう判断しますか?

ただ、トミーが言えるのは、いつもトミーが言うように・・・
答えが無いのが人生だという事です。
だとすれば、この世に罪を持った人は、一人もいないということに・・
でも、これは仕方ないとトミーは考えます。
不完全なのが人間です。(映画の中でも、言われていますが・・・)
その中で、もがき苦しみながら生きて行くしかないのです。
もし、途中であきらめたら・・・行く先は、地獄・・か、
無の世界・・・・

問題をあきらめずに解くことが人生だとしたら・・・
あなたは・・・どうしますか、または、感じますか?・・

トミーは、前を向いてひたすら歩きます・・・
多くの皆さんの意見を待ってます。
何か・・・ピピっと感じた人は、ポチッ!を・・・

では、また(^<>^)










スポンサーサイト
22
2007

Comment

履歴からきました

スペーストミーさん
はじめまして。
ご来店ありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。
2007⁄05⁄23(水) 00:11 |

人は最初は良い動機にはげまされ、意義あることを行おうとだれしも思うものだと感じます。しかし大きな成功を治めたりすると、最初の動機がぶれてきて、悪の道にはいっていってしまうことがありあります。自分の芯をしっかりつくる努力をおこたると、そのようになってしまうのではないかと思います。
2007⁄05⁄23(水) 07:41 |

ポチしましたよ。

 こんにちは、ohruriです。いつも訪問ありがとうございます。コメントにまいりました。
 結構深い題材されてますね。「しあわせ」ってなーに。人生の永遠のテーマでしょうね。究極の善悪の判断もどうなのかって思うこともあります。9悪いことをしても、いつかどこかで一ついい事をするかもしれません。その人の人生全てを知ることはできません。
 私はなるべく単純に「こころのあり方、もち方」に焦点をおきたいです。これも実は難物なんですが。何があっても、前向きに受けとめ、基本的には、感謝と、人の喜ぶ事、自分の好きな事この三つ、よく聞く成功のセオリですが、この心がけでいつも楽しく、明るく、愛と信頼で生きたいです。
 無限の可能性のあるこの世だと思います。残酷にもなれますが、驚くほど素晴らしくなれるのも人間の特性だと思います。情報革命の新時代
 「100匹目の猿」のごとくある程度のこころを持った人たちが一定量を超えたとき、歓喜の理想郷が実現すると信じたいです。今は、産みの苦しみ、産道を通っている時期じゃないでしょうか。
 すいません、長くなりました。ではまた、ごきげんよろしゅう、シーユー(^ ^)
2007⁄05⁄23(水) 09:10 |

訪問ありがとうー

この世に罪がない人間はいないかあー

それなら不完全という言い方ではなくて
完全な人間が居るってことにならないかなー

答えがないのではなく
答えが見つけづらい世の中になったんじゃないかなー

と私は思うのです
2007⁄05⁄23(水) 19:03 |

行きすぎた正義は悪にもなりえる…
哀しいことですよね。
善悪判断は…人間である以上、出来ないことなのかもしれませんね…。
キリスト教では、神のみが人を裁く事が出来る…と言っていますが、
人間誰しも間違う事はあるので、何かを決める時は、十分注意しないといけませんね。
2007⁄05⁄23(水) 21:42 |

はじめまして。

履歴から来ました。
訪問ありがとうございます。

「バベル」という映画の中で、「悪い人間などいません。愚かな行為をする人間がいるだけです」という台詞を思い出しました。善意でやった行為でも、悪い結果を招くという意味で言われた台詞でしたが、悪や罪は、結果かもしれません。

よかったら、またブログに来てみてくださいね。
2007⁄05⁄23(水) 23:49 |

こんにちは♪
コメントありがとうございます☆
完璧な人はこの世にはいませんね。
人生に問題はつきもの。
その答えをどう出すかでその後の人生も変わってきます。
足を踏み外すこともあるでしょう。いいんです。
マイナスなこころを持たず前向きなこころで反省し、
前進していけばいいんです。
2007⁄05⁄24(木) 00:06 | | [edit]

■答えは自分でつくるもの…

自分の人生は自分でつくることができると言う事がここ何年間でなんとなくわかってきました。
まずは楽しい自分の将来を思い描いて達成できることを自分自身が信用できるように心質改善してきた?まだ途中?
スタートは「感謝」の気持ちからですね。

ってことで、ご訪問アリガトウございました。
2007⁄05⁄24(木) 22:49 |

お久しぶりです"
全然遊びに来なくてスイマセン
色々と忙しく、これませんでした。
でもこれヵらもよろしくネw
いっもありがとうござぃます
これヵらも仲良くしてくださぃ!
それでゎ☆長々とスイマセンでした。
2007⁄05⁄26(土) 09:15 |

Trackback

http://ymmdst.blog94.fc2.com/tb.php/36-131e01a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。