スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

資本と利益を関係を理解しながら、投資を理解する方法^^

こんにちは^^スペーストミーです。

またもや中国での反日デモがありました。
やはり、血の気の多い人たちが若い方には多いようです。
何でも、若いときから、盛んに愛国精神を植えつけられる教育制度が影響しているようです。
それにしても・・・・過激は良くないですよね・・・・

さて、前回は、ドルコスト法による投資の仕方をお教えしました。
ドルコスト法を使えば、たとえ価値が値べりしても
最終のトレンドが上昇していれば、利益を得ることが可能な方法だという事でした。

しかし・・・・しかしです。
現在のこの株式の価格の値動きを考えると
なかなか上昇トレンド期待できない状態だといえますよね。
という事は、ドルコスト法でもそんなに大きな収益を期待できないばかりか・・・
下手をしたら損をするはめになりかねない状況が昨今の値の動きなのです・・・・

では、なす術が無いのか・・・・というと
実は、あるんです。
人読んで「トミー流投資術」

その方法とは・・・・・
簡単に言うと・・・・
自分が会社の社長になったつもりで、利益のみを考えた投資法という事です。

資本金は、資本金、利益は剰余金として確保しながら
利益を増やして行く方法なのです。
しかし、この方法で行くと資産全体の数字が小さくなる事があります。
しかし、最終的な利益は確保できるのがこの方法です。

では、簡単な例をあげて説明しましょう。

まず、あなたは、10万の資本金があるとします。
ここで、5000円の株を15株買い残りを剰余金金として、
口座に残します。
さて、数日たち、株価が上がればもちろん問題なく利益が発生しますが、
運悪く、4500円になってしまいました。
さて、あなたならどすしますか?

まずは、損切りのルールを決めておく必要があります。
トミーの場合は約1割上がって下がっても売りがルールです。
この場合、4500円は、一割を過ぎているので
迷わずここは、損切りです。
ここで、500円×15株で、7500円の損失が出たように感じますが・・・

ここで実際の会社経営を考えましょう。
最初から利益の出る会社って余りありません。
だいたいは、ほとんどの会社は、初期投資といって、
損するのです。いや、正確には、経費として考えることも出来るかと・・・・

何が言いたいのか・・・・
先ほどの剰余金は2万5千円残っています。
資本金は6万7千5百円になっても剰余金は2万5千円のまんまなので損はしていないのです。

え、なんか変だって思いますか・・・・
しかし、本当の会社の経理の考え方なんてそう言うことなんです。

さて、この株の価格が、市場でさらに安くなり・・・
3800円になった場合・・・・チャンスです。
15株また買いましょう。
15株×3800円は、5万7千円です。

ここでこう考えるのが「トミー流」です。
株式は、前回の15株で同じ
資本金は、5万7千円です。
ここで、剰余金が発生します。6万7千5百円-5万7千円=1万5百円
前回の剰余金が2万5千円であるから、それを足すと3万5千5百円・・・・

結果的には、利益は出ませんでしたが、
剰余金は、増えたことになります。
しかも保有株数は15株のまま変わっていませんね!^^

このタイミングで、株が上がれば、資本金が増して、
増えた分だけ、利益確定となるわけです。
仮にさらに下がった場合はまた同じ事をすればよいわけです。

この方法だと株が紙くずにならない限りは、大きな損をすることはありえません。
しかも手持ちの剰余金をさらに活用して、他の株を買う手も出てきます。

注意するのは、下降トレンドが上昇トレンドに変わるタイミングを
旨く掴むことそれだけですね。

では、本日はここまで・・・・

生きるヒントがここにあるかも・・・
誰もが幸せになる方法ー基礎編

ところで、まだあなたは気が付かないのか?
この時代に必要なのは、
投資能力です。
トミーにお任せください。
まずは、口座を作ろう!

円高で、日経平均が低い今・・・逆にチャンスなのです。


いかがでしたか?
あなたのコメントを待ってます。
また、応援ポチもよろしくです。

では、また
スポンサーサイト
18
2010

Comment

Trackback

http://ymmdst.blog94.fc2.com/tb.php/220-5034b0f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。