スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

体が冷えていませんか?・・・冷えと鬱の関係・・・^^

こんにちは^^スペーストミーです。
もう朝、晩は少し寒いくらいになってきました。
でも、トミーとしては、一番過ごしやすい気候かなぁーって感じなんですが・・・。
あなたは、いかがですか?

ようやく少し株価が戻って、自民党も久しぶりに生活援助金・・・1家庭に6万との事・・
を年内に支給するということで、幾分安らいだかに感じますが・・・
相変わらず・・不景気感はなくなるはずもありませんよね!

不景気感というのは、まさに国民のメンタルな部分に直接働きかけてくるので
始末が悪いんです。
どうあってもやはり家庭の財布の紐はきつく閉ざされます。
脱年収200万円を叫んだところで、雇用情勢が良くならない限り
回復の見込みも無いです。

あれれ・・少しはなしがわき道にそれ過ぎましたが・・・・
経済の動きと鬱の関係ってトミーはあると思うんです。
景気が悪いとポジティブな考えなんてできませんしね!

前置きが少し長くなりましたが・・・
今回は、体質に関係する鬱の関係ということで・・・冷えについて・・。

特に女性には多いとされるこの冷えの問題。
普通、基礎体温と呼ばれるのは、36度5分と言われていますが・・・
実際、36度5分という体温は、少ないかもしれません。
それは、日本人本来が陰性な人種だといえるかもしれないですね!
36度5分ある方は、陽性ということになり・・・
陰性と陽性・・・どちらが良いのかとか悪いとかということではないのですが、
鬱になりやすい体質は、やはり陰性の方だといえると思います。

一つには、血流の問題があると言われています。
人には、本来自分で病気を治す自然治療力というのがあることはご存知だと思いますが、
血流が悪くなるとそれを担っているリンパという物質が本来の働きをしなくなってしまう。
それによって、病気がひどくなるケースが考えられるということです。

したがって、この事が脳の病気とも言える鬱病にも当てはまるということが
最近になって考え始められて来ているのです。
そう考えると・・・・鬱を治療すのって簡単な事ではないでか?
そうです・・・冷えを抑えて、血流を良くする・・・脳を初めとして、体中の血流が良くなる。
これが出来れば良いということになるわけです。

西洋医学における対症療法での投薬は、確かに即効性はありますが、
体に掛ける負担という意味では大変きつい・・・苦しいものがあります。
そして、これもまた体温を奪う一つの原因となっているので、
出来れば飲みたくありませよね!
しかし、今ここで、鬱や痩に悩んでいらっしゃる方が
すぐに薬を飲むのを止めるわけにはいきません。
徐々に減らして行く・・・・・
これが理想的な対応といえそうです。

今回は、ここまでにして、次回でも具体策を考えたいと思います。

今回のお言葉
「福(さいわい)は来(き)しがたくて、禍(わざわい)は招き易し」
滝沢馬琴(たきざわばきん)1767~1848年の椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)より
幸運を掴むには相当の努力が必要。幸せに気が付かない事もある。禍は目につき易いものなのに。

うーん考えさせられる言葉ですよね!
確かにトミーたちは、ふだんの何気ない幸福を知らず知らずのうちにおくって居るのかもしれません。
ふだんの生活の中にもたくさんの幸せな事が隠されている。
それを見直すことも必要ですよね!

あなたのコメントを待ってます。
また、応援ポチもよろしくです。

では、また




スポンサーサイト
02
2008

Comment

Trackback

http://ymmdst.blog94.fc2.com/tb.php/159-33da1c4a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。