スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--
--

虐めは、いけない・・・・でも本当の問題ってなに?

こんにちは^^スペーストミーです。

さて、予告どおり鬱に関して、今後話を展開したいと思います。
関係ない方は申し訳ございませんが・・・・
少しお付き合いください。

やはりまず問題になるのが虐めだと思います。
学校や社会にでてからも虐めってありますよね!
これって、資本主義社会が生む現象だということは、
いまさら言うまでもないのでしょうが・・・・・

生まれたときは、みんな平等であるということ・・・
これには反対は無いでしょう。
でも、母親のおなかの中から出たその瞬間にその人のスタート状態が決まる。
ともいえそうです。

お金持ちの家の子供か・・・貧乏人の家の子供か?
非常に辛い話ですが・・事実は残酷です。
戦争の在る国に生まれるか・・・経済状況の悪い国生まれるか?
平和な食に困らない国に生まれるか?
その時々の環境でスタートが決まる。

うん・・・待ってください!でも決してそれだけで運命が決まるわけではないのです。
虐めも同じことが言えませんか?
虐めにあったが為に自殺する・・・?
これって、運命を自分で決めちゃってませんか?
お金持ちの子が必ず幸せか?
貧乏な子が必ず不幸せか?
戦争の真っ最中に生まれた子が不幸せか?
経済状況の悪い国に生まれた子が不幸せか?
平和な何の苦労もしない国に生まれた子が必ず幸せになるか?
というとちょっと違うと思いませんか?

今の日本は、飽食であるといわれています。
コンビ二行けばそれは、いつでもおいしい物が食べられます。
それが幸せなのか?
今、メタボリックが叫ばれてます。
これって健康的ではないですよね!
少し、食べ物が無くて苦労したほうが健康的にはいいような気がします。
東洋医学的な見地でも断食は、体の悪い細胞を壊してくれるという作用があります。
ガン細胞などもこれに当てはまります。

あ、少し虐めからそれすぎたようですが・・・・
何が言いたいのか・・・・・
それは、とにかく虐めるほうも虐められるほうも
運命的には変わらないということを言いたかったのです。
その後の生き方・・・過ごし方・・・生活の仕方次第で決まるということ・・・。
だから、今、虐めている人も虐められている人も悩む前に
考え努力することをして欲しいのです。
そう・・・断じて今決めることは無いのです。

それと一緒で、必ずしも欝で悩む人が不幸だとは、いえません。
むしろ欝で悩んで幸せになる人だって居るはずです・・・!?
鬱というのは、実はやさしい人がなる病気なんです。
人の痛みが解かるから鬱になるのです。
だから、そこからが幸せになるスタートなのですね!

次回は、鬱になりやすい体質について考えてみたいと思います。

あなたのコメントを待ってます。
また、応援ポチもよろしくです。

では、また








スポンサーサイト
27
2008

Comment

Thank You Power発売日の訂正

たびたびおじゃましております。バベルプレスの千田です。
いじめの問題が起きるのは、現代社会では想像力が欠如しているからだと思います。他人の痛みを想像する力がかけているからこそ、学校でも社会でもいじめがおきるのだと思います。いじめているほうこそ、心のケアが必要だと私は感じています。いじめる人はむなしさを抱えているように思います。弱いものをいじめることによって、人よりも自分のほうが勝っていると感じ、むなしさを埋めようとしていて、「認められたい」という感情が根底にあるように思います。おっしゃるとおり、日本は今、満ちすぎています。がんばらなくても達成できてしまうから、ずっとむなしいのです。長々とすみませんでした。
先日、サンキューパワーの掲示板について書き込みをさせていただいたときに、『Thank You Power』日本語版を9月発売予定とお知らせしたのに、まだ発売されていなくてごめんなさい。書店さんに並ぶのは12月上旬ころになりそうです。発売日は遅くなってしまいましたが、翻訳にこだわり、読みやすくてなめらかな日本語の『Thank You Power』日本語版をお届けできそうです。予約を開始いたしましたので、ご参考までにお知らせします↓
<予約販売について>
・11月30日までの期間限定
・予約価格は1700円〈消費税込み〉で送料無料
(書店では12月上旬発売。通常価格の1890円)
・500部限定
サンキューパワーを読んだ感想をまとめたデジタルブックも企画しています。読後の感想をサンキューパワーワンダーランド<http://www.thankyoupower.jp/>にお寄せいただき、それらをまとめたデジタルブックを作ります。ご予約された方の中から先着100名には、このデジタルブックの入ったCDをプレゼントします。
サンキューパワープラザでは感謝のお話を今も募集中です。おかげさまで感動のお話がたくさん集まり、サンキューパワーレポート第2号(e-Book)の製作に入っています。もしお時間がありましたらご投稿いただけたらうれしく思います。長文失礼いたしました。
2008⁄10⁄31(金) 11:24 |

Trackback

http://ymmdst.blog94.fc2.com/tb.php/158-b104c339

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。